LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI ファイナルステージ女子準決勝が行われ、決勝は伊藤美誠と平野美宇の対戦に決定!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら

VICTAS Journal

LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI ファイナルステージ女子準決勝が行われ、決勝は伊藤美誠と平野美宇の対戦に決定!

12月21日・22日にカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)にて、LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼 2020世界卓球日本代表選考会)が開催。

ファイナルステージ女子準決勝が行われ、決勝は伊藤美誠と平野美宇の対戦に決定!

【女子】
準決勝

伊藤美誠(スターツ) 4 (6,-1,-12,5,6,10) 2 早田ひな(日本生命)

女子準決勝には今年ワールドツアーで安定して上位に進出し、今や世界ランキング4位の座に位置する伊藤美誠が登場。早田ひなとの対戦となった。

試合は繋ぎのラリーが一切なく、サーブレシーブから甘いボールに対しては確実に決定打を打ち込んでいく。伊藤の表ソフトで緩急をかけた攻撃に早田もきっちり対応。台上での勝負ではやや伊藤に分があったが、早田はロングサービスを主体に組み立て、強烈な両ハンドを打ち込んでいく。互角の展開であったが、終盤は伊藤が早田のロングサービスにもきっちり対応、自分のサービスからも確実に得点を抑え、接戦を制した。

早田も強烈な攻撃で伊藤を押し込む場面も多く、第6ゲームも7-10から10-10に追いつくなど粘りを見せた。






石川佳純(全農) 2 (-10,11,-7,-7,3,-9) 4 平野美宇(日本生命)

先日のノースアメリカオープン以来の石川と平野の対戦。
昨日優勝会見で平野が「久々にプレッシャーのない試合ができてすごく楽しかった」と語ったように今日も非常に落ち着いた様子でプレーしていたのが印象的。相手のコート深くに突き刺さるような攻撃で次々と得点。最後も石川渾身のフォアドライブを跳ね返して、勝利を決めた。敗れた石川はサーブミスや攻撃のミスが目立ちプレーに精彩を欠いたか。




決勝は伊藤美誠(スターツ)と平野美宇(日本生命)の対戦。

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter