LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI ファイナルステージ男子準決勝 決勝は張本智和と丹羽孝希の対戦に!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI ファイナルステージ男子準決勝 決勝は張本智和と丹羽孝希の対戦に!

12月21日・22日にカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)にて、LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼 2020世界卓球日本代表選考会)が開催。

ファイナルステージ準決勝が行われ、決勝は張本智和と丹羽孝希の対戦に!

【男子】
準決勝
張本智和(木下グループ) 4 (3,5,4,7) 0 神巧也(T.T.彩たま)

昨日の激闘の選考会から一夜明け、日本人世界ランキングトップの2名がファイナルステージ準決勝より登場。
第1試合には地元仙台出身、世界ランキング5位の張本が登場し、選考会2位の神と対戦。フォア前にサービスを集め、三球目でどんどん決定打を打ち込んでいく。昨日は有効に効いていた神のバックサーブにも完璧に対応し、全く隙を与えずに完勝した。






丹羽孝希(スヴェンソン) 4 (5,4,-9,-8,3,7) 2 森薗政崇(BOBSON)

もうひとつの準決勝は丹羽と森薗の対戦。森薗は昨日の激闘の疲労からか左ひざにサポーターを付けての試合となった。試合はバック対バックからお互いにストレートを攻めあう展開に。序盤は丹羽が圧倒していたものの森薗も踏ん張り、2-2となる。しかし、そこから丹羽がプレーのギアを上げ、4-2で勝利した。




決勝は張本智和(木下グループ)丹羽孝希(スヴェンソン)の対戦

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter