LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI 平野が早田のパワーを封じこめて選考会初優勝で代表権を獲得!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI 平野が早田のパワーを封じこめて選考会初優勝で代表権を獲得!

12月21日・22日にカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)にて、LIONカップ 第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼 2020世界卓球日本代表選考会)が開催。

平野が早田のパワーを封じこめて選考会初優勝で代表権を獲得!

【決勝】
平野美宇(日本生命) 4 (7,-6,7,7,-6,4) 2 早田ひな(日本生命)

決勝は苦しみながらも準々決勝で成本綾海(中国電力)、準決勝で加藤美優(日本ペイントホールディングス)を下した平野と準々決勝、準決勝とミキハウス勢のカットマンを自慢の強打で圧倒して勝ちあがった早田の対戦。


試合は平野が打球点の早いスピーディーな攻撃で早田のパワーをうまく封じこめる。早田も高い身体能力を活かしたプレーでパワーボールを炸裂させるも、平野にサーブレシーブや台上のプレーでうまくミスを誘われ、なかなか流れを掴めなかった。第6ゲームは平野の攻撃が面白いように決まり、平野が一気に試合を決めた。




優勝インタビューで「気持ちが、世界選手権の選考会についていけなくて、オリンピックの選考が終わって休憩したい気持ちだった」と語ったように、今大会、平野の試合でハリケーンのようなエンジン全開の速攻プレーが炸裂していた場面は少なかった。スコアを見ても、初戦から決勝まで競ったゲームが多く、むしろ平野にとって嫌な流れになっている場面も多く見受けられた。
しかし、追い込まれても緻密なプレーでミスを誘ったり、サーブレシーブの多彩さで要所を抑え、世界ランキング上位の選手が多数出場した選考会で優勝してしまうのはさすが平野というところ。「久々にプレッシャーのない試合ができてすごく楽しかったです」という言葉のように来年の世界選手権、国際大会でも平野らしいプレー次々と強敵をなぎ倒してほしい。

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter