【卓球 インカレ】第86回全日本大学総合卓球選手権大会 男子シングルスは昨年に引き続き、及川瑞基(専修大学)が制し見事2連覇を達成!/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

【卓球 インカレ】第86回全日本大学総合卓球選手権大会 男子シングルスは昨年に引き続き、及川瑞基(専修大学)が制し見事2連覇を達成!

フォトギャラリーはこちら

令和元年度 第86回全日本大学総合卓球選手権大会が10月24日~10月27日にかけて島津アリーナ京都にて開催。

男子シングルスは昨年に引き続き、及川瑞基(専修大学)が制し見事2連覇を達成した。

大会最終日、攻守ともに素晴らしいプレーを見せた及川。5回戦、準々決勝は相手に全く付け入る隙を与えずに完勝。本人が「1番苦しかったと語る」準決勝の松山祐季(愛知工業大学)との対戦では、何度も会場がどよめくような激しい打ち合いになるも、多彩なサービスレシーブで要所を抑え見事勝利。

決勝は木造勇人(愛知工業大学)に対し1ゲーム目を大差で落としたものの、「自分がやるべきことが分かってきたので試合展開は作りやすかった」と語るように、2ゲーム目以降はサービスの配球、ラリーでのコース取りなど多彩な戦術で相手に的を絞らせなかった。

特に相手に先に打ち込まれてもまるでわざと打たせているかのような、変化を付けたブロックや精度の高いカウンターで得点するプレーに戦術の幅の広さを感じた。

まさに打ってもよし、守ってもよしのプレーで大会連覇を達成した及川。試合後、「30日からドイツに行くのでブンデスリーグの試合も続きますし、そこで去年よりもいい結果を出せるようにもっと試合を積んで全日本ではランクに入れるように頑張ります」と次の目標についても語ってくれた。









準優勝の木造勇人(愛知工業大学)は決勝こそ及川の前に敗れたものの、田中佑汰(愛知工業大学)と組んだダブルスでは優勝し、シングルスも大会を通して安定したプレーで緒方遼太郎(早稲田大学)、三部航平(専修大学)ら優勝候補を破った。打球点の高い攻撃で相手を後ろに下げ、広角に打ち分けるフォアハンドが光った。

ベスト4には持ち前のフットワークと打撃戦の強さで及川を追い詰めた松山祐季(愛知工業大学)と鋭いチキータからのスピーディーなプレーで準決勝まで勝ち上がった沼村斉弥(明治大学)が入賞した。


準決勝
及川瑞基(専修大) 4 (-7,4,11,9,-8,10) 2 松山祐季(愛知工業大)
木造勇人(愛知工業大) 4 (2,5,-9,5,9) 1 沼村斉弥(明治大)

決勝
及川瑞基(専修大) 4 (-3,11,9,2,7) 1 木造勇人(愛知工業大)

ランキング(ベスト16まで)は以下の通り

優勝
及川瑞基(専修大学)


準優勝
木造勇人(愛知工業大学)


ベスト4
松山祐季(愛知工業大学)


沼村斉弥(明治大学)


ベスト8
金光宏暢(日本大学)


高見真己(愛知工業大学)


三部航平(専修大学)


川上尚也(早稲田大学)


ベスト16
内村英司(日本体育大学)


一ノ瀬拓巳(中央大学)


弓取眞貴(中央大学)


龍崎東寅(明治大学)


吉田大輔(中央大学)


吉田海斗(専修大学)


田中佑汰(愛知工業大学)


遠藤碧人(専修大学)

CP40+トレーニングボール10ダース入箱 まとめてオトクキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter