【卓球 インカレ】令和元年度 第86回全日本大学総合卓球選手権大会 初日/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 2020年卓球男子日本代表オフィシャルウェア完成!詳細はこちら 税込5,500円以上のご注文で送料無料

VICTAS Journal

【卓球 インカレ】令和元年度 第86回全日本大学総合卓球選手権大会 初日

令和元年度 第86回全日本大学総合卓球選手権大会が10月24日~10月27日にかけて島津アリーナ京都にて開催。
大会初日は男女ダブルス1回戦~準々決勝、男女シングルス1回戦が行われた。

男子ダブルスベスト4に駒を進めたのは以下の4組。
宮本春樹/田原彰吾(愛知工業大学)


木造勇人/田中佑汰(愛知工業大学)


浅津碧利/小野寺翔平(中央大学)


龍崎東寅/沼村斉弥(明治大学)



宮本/田原(愛知工業大学)はベスト8決定戦で一ノ瀬/弓取(中央大学)をフルゲームデュースの末下すと、勢いそのままに準々決勝では昨年優勝の硴塚/緒方(早稲田大学)を破りベスト4へ進出。浅津/小野寺(中央大学)の1年生ペアは準々決勝で全日本選手権準優勝の松山/高見(愛知工業大学)が敗れたブロックを勝ち進んできた二木/渡井(駒澤大学)をフルゲームの末に破った。

準決勝の組み合わせは以下の通り
宮本春樹/田原彰吾(愛知工業大学) ― 木造勇人/田中佑汰(愛知工業大学)
浅津碧利/小野寺翔平(中央大学) ― 龍崎東寅/沼村斉弥(明治大学)

女子ダブルスベスト4に駒を進めたのは以下の4組。
枝松亜実/木村香純(専修大学)


鎌田那美/金子碧衣(早稲田大学)


松澤帆乃果/竹本朋世(淑徳大学)


熊中理子/三條裕紀(青山学院大学)



女子ダブルスは3回戦で第1シードの笹尾/岩越(早稲田大学)、2回戦で第4シードの森田/梅村(中央大学)といった優勝候補が早いラウンドで姿を消す展開に。各ブロック混戦模様となったが、関東勢の4組がベスト4へ勝ち進んだ。

準決勝の組み合わせは以下の通り
枝松亜実/木村香純(専修大学) ― 鎌田那美/金子碧衣(早稲田大学)
松澤帆乃果/竹本朋世(淑徳大学) ― 熊中理子/三條裕紀(青山学院大学)

もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter