【卓球 全中】第50回 全国中学校卓球大会 男子シングルス/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

【卓球 全中】第50回 全国中学校卓球大会 男子シングルス

フォトギャラリーはこちら

令和元年度 全国中学校卓球大会がウカルちゃんアリーナで2019年8月20日(火)〜23日(金)まで開催されている。大会最終日は男女シングルス3回戦から決勝までが行われた。

女子シングルスの記事はこちら

男子シングルスは吉山僚一(愛工大名電)が制し、シングルスと団体の2冠達成。

男子シングルス決勝は吉山と鈴木颯(愛工大名電)の愛工大名電の3年生同士の対戦となった。

第1ゲームは鈴木が奪い、第2ゲーム以降も中盤まで鈴木がリードする展開に。
しかし吉山が「普段は(鈴木選手に)結構負けている。今大会はラリーにするところでのサービスレシーブの組み立てが良かった。」と語ったように劣勢の場面でも、サービスレシーブの配球、コースをうまく組み立ててゲームオールに持ち込む。最終ゲームは中盤で一気に吉山が突き放し、うれしい初優勝を決めた。

決勝では敗れたものの鈴木も団体戦、個人戦を通して素晴らしいプレー。質の高い台上プレーからの強烈なフォアハンドで団体戦では前半で常に勝ち星を挙げ、シングルスまで決勝まで勝ち上がった。








3位には多彩なサービスレシーブから攻撃的なプレーで勝ち上がった高橋航太郎(実践学園)と幅広いプレー領域で両ハンドを打ち込んだ徳田幹太(野田学園)が入った。

・決勝
吉山(愛工大名電) 3(8.-9,-9,8,4)2 鈴木(愛工大名電)

・準決勝
鈴木(愛工大名電) 3-0 高橋(実践学園)
吉山(愛工大名電) 3-1 徳田(野田学園)

・準々決勝
鈴木(愛工大名電) 3-1 道広(中間東)
高橋(実践学園) 3-1 藤元(明徳義塾)
吉山(愛工大名電) 3-0 芝(野田学園)
徳田(野田学園) 3-1 前出(東観)

優勝
吉山僚一(愛工大名電)


準優勝
鈴木颯(愛工大名電)


ベスト4
高橋航太郎(実践学園)


徳田幹太(野田学園)


ベスト8
道広晴貴(中間東)


藤元駿(明徳義塾)


芝拓人(野田学園)


前出陸杜(東観)

2019-2020 TABLE TENNIS NEW APPAREL COLLECTION 卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter