令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子シングルス準々決勝~決勝 League Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子シングルス準々決勝~決勝

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(通称:インターハイ)が鹿児島アリーナで2019年8月15日(木)〜20日(火)まで開催されている。(開会式:15日/大会:16日~)大会5日目は男女シングルス準々決勝~決勝まで行われた。

女子シングルス(準々決勝~決勝)の記事はこちら

【男子シングルス】
インターハイ最終日、いよいよシングルスの王者が決まる。昨年覇者の戸上(野田学園)が2連覇するか、そしてベスト8に4選手勝ち上がった愛工大名電勢が戸上を破るか、または手塚、新名(明徳義塾)、阿部(希望が丘)のタイトルとなるか注目が集まった。

戸上は準々決勝の曽根、準決勝の谷垣に対し3-0のストレートで勝ち2連覇に王手となった。愛工大名電としては4回戦の濱田も敗れているだけに苦しい状況だが、前日の学校対抗の決勝では加山は戸上に勝っている。


両ハンドでの攻撃力が高い篠塚が、手塚に1ゲーム先取されるも落ち着いて堂々とした表情で逆転し決勝進出。果たして初のタイトル獲得となるか。1年生での優勝は近年では丹羽孝希や水谷隼がいる。


決勝戦、1ゲーム目10-8と戸上が先にマッチポイントを握るも1点が取れず、4ポイント連続で取られ1ゲーム目を落とす。続く2,3ゲーム目は篠塚のチキータとバックハンド攻撃をかわして2-1と逆転した。




4ゲーム目は4-1戸上リードで篠塚がタイムアウト。5-2でチェンジコート。9-8で戸上がタイムアウト。会場中が息をのむ最終場面。1本取り10-8と2連覇まであと1本だが得点できず、10-9。高校生にとってのインターハイには1本にかなりの重みがある。選手や監督もだが会場中もそう感じたのではないか。


そして最後は篠塚がフォア前をバックハンドでレシーブからラリーにするもバックハンドがネットにかかり、戸上が勝利し両手を上げてガッツポーズした。戸上はインターハイ男子シングルスで2連覇を果たした。


ベンチに戻り橋津監督とともに嬉し涙を流した。



戸上は優勝後のインタビューで「ここまで(準決勝)まで完勝できていて、決勝は1ゲームか2ゲームは絶対に取られるという覚悟はできていましたし、競っても焦らずできたのが良かったと思います。正直団体戦を引きずるというのはありましたし、2ゲーム目出だしが悪かった中で(試合中に)修正できたのはよかったです。戦術としてはお互い崩し合いという試合だったので、我慢してまずラリーにもっていこうとしました。団体戦では緊張や集中力をコントロールすることができませんでしたが、それが切れることなく最後までできたことが勝因だったと思います。(前日の団体戦の敗戦から今日にかけて)あまり考えないようにしていました。正直落ち込んでいた部分もあったんですけど、橋津先生から「まず(団体戦敗戦のことは)忘れるしかない」とアドバイスを頂いたので前向きにとらえました。」と語った。

また、野田学園の橋津監督は「篠塚はすごいですね。(篠塚に)負けた経験もあるので強いっていうのはわかっているので、1ゲーム目を取れなかったのは苦しいなと思いました。バックにボールを集めたら振り回さて、感覚は違うんですけど岸川聖也が3年の時に同じようなシチュエーションで水谷隼にバックハンドでフォアをぶち抜かれてそこから違いを魅せられたというか、そういうちょっと嫌なものがよぎっていたので、先にフォアに飛ばしてそこから打ち合いにもっていけと言ったんですけど、それ以上に隼輔が台の中のストップがかなりの精度あったので(戦術を戸上に)任せてもいいのかなと思いました。正直、今回あまり練習してこれなかったんですよ、身体の調子が悪くて。この1ヶ月は半分くらいしかできなかったので気持ちの部分だけ、昨日も部屋で話をしてどういうつもりで臨んでいくのか。隼輔はいつも負ける時は止まってしまうんです。11本目が見えた時に止まってしまう。だから吹っ切って駆け抜けていけって、言いました。脳科学的に11本目のゴールが見えた時に人ってブレーキをかけてしまうと、今までの精度が落ちるみたいなんです、とそういう話をしました。決勝の前に「隼輔もっともっと大きいところでやらないといけないよ。この決勝戦は駆け抜けていけ。突き抜けていけ」と話ました。団体はあぁいう形で思考が止まっていたので、選抜、去年の国体もそうでしたし、よく止まるんですよ。エンジンがかかるのが遅いときは途中から一気にいけるんですけど、最初からいったときには止まっちゃうことがあるんですよ。それは隼輔だけではないんですけど、考え方の良くない癖・習慣でそういうことがあるので話しましたね。昨日頑張りたかったですね。(学校対抗の優勝は)遠いんですよね。何が足りないか、また考え直します。今日は完全燃焼しました。」

<結果>
・決勝
戸上隼輔(野田学園)3(-10,9,6,-7,9)2篠塚大登(愛工大名電)

・準決勝
戸上隼輔(野田学園)3(5,8,8)0谷垣佑真(愛工大名電)
篠塚大登(愛工大名電)3(8,6,6)0新名亮太(明徳義塾)

・準々決勝
戸上隼輔(野田学園)3-0曽根翔(愛工大名電)
谷垣佑真(愛工大名電)3-2加山裕(愛工大名電)
新名亮太(明徳義塾)3-2阿部悠人(希望が丘)
篠塚大登(愛工大名電)3-1手塚崚馬(明徳義塾)

■優勝
戸上隼輔(野田学園)


■準優勝
篠塚大登(愛工大名電)


■ベスト4
谷垣佑真(愛工大名電)


新名亮太(明徳義塾)


■ベスト8
曽根翔(愛工大名電)


加山裕(愛工大名電)


阿部悠人(希望が丘)


手塚崚馬(明徳義塾)

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter