令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子学校対抗決勝 League Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子学校対抗決勝

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(通称:インターハイ)が鹿児島アリーナで2019年8月15日(木)〜20日(火)まで開催されている。(開会式:15日/大会:16日~)大会4日目は男女学校対抗決勝、男女シングルス2回戦~5回戦が行われた。

女子学校対抗(決勝)の記事はこちら
男子シングルス(2回戦~5回戦)の記事はこちら
女子シングルス(2回戦~5回戦)の記事はこちら

【男子学校対抗】

愛工大名電 3-0 野田学園
1.加山 3(-5,-3,10,8,10)2 戸上
2.曽根 3(-8,9,10,8)1 今泉
3.曽根/篠塚 3(-8,9,8,-6,9)2 戸上/宮川


男子学校対抗決勝は愛工大名電と野田学園のカード。

愛工大名電は4連覇、野田学園は初優勝をかけての対戦となった




1番は加山と野田学園のエース戸上。
この試合が団体の勝敗を分けたといっても過言ではなかった。

1,2ゲーム目、戸上の厳しい台上プレーからの鋭い両ハンドが炸裂。5点、3点と一方的なスコアで2-0とリードを奪う。
3ゲーム目も戸上の勢いは止まらず10-5とリード。会場のだれもが勝負は決まったと思ったはずだ。

しかし、加山は諦めていなかった。
懸命なプレーで7本連取し、大逆転でこのゲームを奪う。
ここから勢いに乗った加山はさっきのゲームまでとは、まるで別人のようなプレー。台上でも先手を取り、回転量の多い両ハンドで攻め込み、2-2と追いつき5ゲーム目も9-6とリード。戸上も意地を見せ4本連取でマッチポイントを握るも加山が最後まで攻め抜き、人生の中で一度も勝ったことがないという戸上を下し、愛工大名電に大きな先制点が入った。

この試合について今枝監督も「びっくりしましたね。本当に。あの1,2ゲーム目から考えて誰が加山が逆転勝ちするかっていう想像してたかって思うんですよね。本当に彼自身辛抱強く、よく我慢して、よく諦めなかったなと。5本、3本で負けて5-10ですから普通諦めていいところをよく辛抱強く試合してくれたなっていう風に思います。」と加山を称えた。










2番は曽根と今泉の対戦。
この試合、曽根は普段出ないような攻撃ミスが目立ち、劣勢となるも、中盤からはつなぐボールはしっかりつなぎ、勝負に出るときは強打し、何とか今泉を下した。

この試合について今枝監督は「内容は『曽根翔』の力が何パーセント出たかなていうぐらいだったんですけど、結果は100点あげますね。あの場面でやっぱり僕らでは想像つかないプレッシャーを受けて、ましてや1番加山が勝ってきてたんで余計にプレッシャー感じて勝たなきゃっていうのがいつもの何倍もあった中で勝ってくるわけですからすごいしか言いようがないですよね。本当にありがたいですよね。感謝しかないですよ。よくこらえるなっていう風に思います。」とコメント。










3番のダブルスで愛工大名電はこれまでの曽根/加山を組み替え、曽根/篠塚を起用。
昨日のダブルス決勝の結果が理由かと思われたが、実は「最初からです。練習してきてました。野田学園戦の為だけに。(このペアの理由は)イメージです。単純に言えば、選抜で負けてますんでそれに策を講じないっていうのは間違っている。と思っていたんで一捻りしただけです。」と今枝監督が語ったように最初から予定されていたダブルスだという。

橋津監督もこのダブルス起用について「最初からこのダブルスだと思ってました」と語る。

今大会まだ一度も試合はしていない曽根/篠塚であったが、昨日ダブルス王者に輝いた戸上/宮川に対して、真っ向から打ち合いゲームオール9本の激闘の末勝利。この結果、愛工大名電が野田学園をストレートで下し、4連覇を達成した。










昨日のダブルス敗戦についても「逆に良かったかなと正直思っています。彼らは勝たなきゃ勝たなきゃ、どれも負けられないとプレッシャーになってしまっていたんで、みんなには『よかったね。これで解放されたね。明日はチャレンジャーでいこう』という話をしました」という。

1番では今まで戸上に勝ったことのない加山をぶつけ大逆転勝利、選抜で負けているダブルスは組み替えダブルス王者の戸上/宮川に激戦の末勝利。選手、監督の勝負強さが光った決勝戦だった。

橋津監督(野田学園)のコメント
「戸上、宮川がフル稼働してやらないといけないチームだったんで正直1番を取らないといけなかったんですけどそこで隼輔を責めることはできないですし。僕もタイムアウトを取るのが遅かったなと思う部分もあります。宮川にもう1試合やらせてあげたかったなと思います。悔しかったですけど、楽しかったし、明日、戸上優勝狙います。」

ここまでダブルスは野田学園、学校対抗は愛工大名電がそれぞれタイトルを獲得したが、最終日、シングルスのタイトルの行方はどうなるのか、目が離せない。











07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter