令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 女子ダブルス4回戦~決勝 League Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 女子ダブルス4回戦~決勝

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(通称:インターハイ)が鹿児島アリーナで2019年8月15日(木)〜20日(火)まで開催されている。(開会式:15日/大会:16日~)大会3日目は男女学校対抗準決勝、男女ダブルス4回戦~決勝、シングルス1回戦が行われた。

男子団体(準決勝)の記事はこちら
女子団体(準決勝)の記事はこちら
男子ダブルス(4回戦~決勝)の記事はこちら

【女子ダブルス】
女子ダブルス決勝は1回戦から勝ち上がり、第1シードで昨年チャンピオンの出雲/相馬(遊学館)ら強豪ペアを何度も破り決勝へ進出した大川/本井(四天王寺)と観客席の大応援と一体となりみるみる勝ち進んだ高田/岡田(明徳義塾)の対戦となった。

試合序盤は大川がチャンスメイクし、本井が強烈なフォアハンドで決めるというパターンが次々決まり、2-0とリード。しかし、3ゲーム目以降は明徳ペアのミスが出なくなり、コンビネーション抜群のプレーで2-2に追いつく。

最終ゲームは中盤で明徳ペアのサーブレシーブが甘くなったのに対し、四天王寺ペアは勝負所で厳しいサーブレシーブを見せ一気に突き放し勝利。嬉しい優勝を決め、ベンチに入っていたチームメイトと喜びを分かち合った。

「(大川)本当にいろんな方に支えてもらったり、応援してもらったりして、その力が決勝とかでもいろんな競った試合で出せたので本当に周りの人たちに感謝しきれない気持ちでいっぱいです。
半年間はずっとこのペアで喧嘩しながら頑張りました(笑)苦しい試合ばかりでした。
(本井さんを)ほとんど信じ切ってました。最後とか自分が入らなくてどうしたらいいかわからなかったんですけど信じてやるしかないと思ってついていくように頑張りました。」

「(本井)インターハイまでチーム全員で苦しいことをたくさん乗り越えてきたので自分たちが全力で1番いい力を出せる自信はありましたし、全力で戦える環境を作ってくれた方々に感謝してこれからも頑張りたいと思います。寮生活なので大川さんの日ごろの生活を結構見ているんですけど、できないことや苦しい時でも諦めずに絶対頑張るところを見ているので苦しいところでは大川さんが必ず入れてくると信じて戦いました。」



 


<結果>
決勝:大川/本井(四天王寺) 3(4,8,-7,-7,6)2 高田/岡田(明徳義塾)

準決勝
大川/本井(四天王寺)3-2桑原/川北(正智深谷)
高田/岡田(明徳義塾)3-1黒田/木塚(済美)

準々決勝:
大川/本井(四天王寺)3-1出雲/相馬(遊学館)
桑原/川北(正智深谷)3-0出澤/小林(大成女子)
黒田/木塚(済美)3-0青木/小畑(横浜隼人)
高田/岡田(明徳義塾)3-1藤森/杉本(希望が丘)

■優勝
大川真実/本井明梨(四天王寺)





■準優勝
高田菜々美/岡田琴菜(明徳義塾)



■ベスト4
桑原穂実/川北帆香(正智深谷)


黒田さくら/木塚陽菜(済美)


■ベスト8
出雲美空/相馬夢乃(遊学館)


出澤杏佳/小林莉歩(大成女子)


青木優佳/小畑美月(横浜隼人)


藤森友菜/杉本果緒(希望が丘)

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter