令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子学校対抗準決勝/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品メーカー

カート

VICTAS Journal

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子学校対抗準決勝

フォトギャラリーはこちら

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(通称:インターハイ)が鹿児島アリーナで2019年8月15日(木)〜20日(火)まで開催されている。(開会式:15日/大会:16日~)大会3日目は男女学校対抗準決勝、男女ダブルス4回戦~決勝、シングルス1回戦が行われた。

男子ダブルス(4回戦~決勝)の記事はこちら

女子団体(準決勝)の記事はこちら

女子ダブルス(4回戦~決勝)の記事はこちら

【男子学校対抗】
前日の大会2日目よりさらに熱い戦いとなった男子学校対抗の準決勝。2台進行と目を離す間もなく、会場が盛り上がった。

<結果>
愛工大名電 3-1 遊学館
1,篠塚 3-1 天野
2,曽根 3-0 菊地
W,加山/曽根 0-3 大野/吉田
4,谷垣 3-0 清野

3連覇中の愛工大名電は篠塚を1番に起用し、淡々とした表情でプレーし、1ゲーム落としたもののトップでの責任を果たした。2番は曽根が菊地のカットの回転を見極めて3-0のストレートで勝利。あとの無くなった遊学館は続くダブルスで吉田/大野ペアが気迫のプレーで勝った。ベンチや観客席とのチームの一体感で愛工大名電の流れを止めたかに思えた。しかし4番は昨年全中チャンピオンの1年生谷垣が、清野に対し両ハンドカウンターで3-0のストレートで試合を決めた。4年連覇まであと1勝、決勝戦は野田学園との対戦。



















野田学園 3-1 鶴岡東

1,松田 2-3 佐藤
2,戸上 3-0 櫻井
W,戸上/宮川 3-0 佐藤/原井
4,宮川 3-0 小松

野田学園と鶴岡東は、昨年準々決勝で対戦しており、鶴岡東に軍配があがっている。鶴岡東が2年連続決勝進出か、または野田学園のリベンジか注目された。
野田学園は今大会初起用となった松田がトップで2-0と佐藤にリードするも、佐藤が粘り強さをみせ、2-3で取られる。2番は戸上がエースの仕事を果たししっかり3-0で相手を寄せ付けない戦いをした。続くダブルスでも戸上/宮川ペアは昨日より調子を上げて3-0のストレートで王手。4番で宮川は1ゲーム目を先取し、しっかりリードを守り抜き勝利した。野田学園のリベンジとなり、全国選抜に続き2大会連続決勝進出。決勝では王者愛工大名電に対し、エースの戸上を中心に大爆発となるか。

















もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン VICTAS公式LINE限定カレンダー壁紙限定配信のお知らせ 【My VICTAS】キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

Newsletter