令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子ダブルス4回戦~決勝 League Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子ダブルス4回戦~決勝

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(通称:インターハイ)が鹿児島アリーナで2019年8月15日(木)〜20日(火)まで開催されている。(開会式:15日/大会:16日~)大会3日目は男女学校対抗準決勝、男女ダブルス4回戦~決勝、シングルス1回戦が行われた。

男子団体(準決勝)の記事はこちら
女子団体(準決勝)の記事はこちら
女子ダブルス(4回戦~決勝)の記事はこちら

【男子ダブルス】
学校対抗準決勝後に行われた男子ダブルスは4回戦から決勝戦まで連戦となるタイムテーブル。第1シードの戸上/宮川(野田学園)、第2シードの加山/曽根(愛工大名電)、それぞれ圧勝はないものの競った場面で実力を発揮し、決勝戦まで勝ち上がった。決勝戦はお互い台上で仕掛け、ストレートへの攻撃が目立った。だが簡単に得点には繋がらないが、ラリー戦で1歩上回った戸上/宮川が3-0のストレートでダブルスのタイトルを獲得した。

19日の学校対抗決勝戦でも再戦する可能性があるが、目が離せない一戦になるだろう。


試合後のインタビューではそれぞれ1つタイトルを獲得したことと明日の団体戦への想いを語った。
「(戸上)3種目あるうちの最初に優勝が決まるのがダブルスで去年ベスト16っていう悔しさがあったので、今年は狙えるものと思っていたので優勝できて良かったです。日頃練習してきた台上技術が二人とも試合の中でよくできたなと思います。プレッシャーもありましたしその中で競った場面でも勝ち切れたところが去年と違いますね。明日は団体戦の決勝があるのでそのためにも、まず1つ(タイトル)取れたことは自分たちにとって大きなことだと思います。」

「(宮川)ダブルスはすごいチャンスがあると思っていたので優勝を目指して練習してきて優勝できて良かったです。お互いがチャンスをつくって決めるパターンが今日は良かったです。自分たちは団体戦でもシングルスでもタイトルを獲るという目標があるのでダブルスはでまず1つタイトルを獲れてよかったです。」

<結果>

決勝:戸上/宮川(野田学園) 3(9,2,7)0 加山/曽根(愛工大名電)

準決勝
戸上/宮川(野田学園)3-1蘇/日置(東京学館浦安)
加山/曽根(愛工大名電)3-1藤木/手塚(明徳義塾)

準々決勝:
戸上/宮川(野田学園)3-1吉田/大野(遊学館)
蘇/日置(東京学館浦安)3-1安江/新名(明徳義塾)
藤木/手塚(明徳義塾)3-2篠塚/谷垣(愛工大名電)
加山/曽根(愛工大名電)3-1中田(裕)/西(上宮)

■優勝
戸上隼輔/宮川昌大(野田学園)






■準優勝
加山裕/曽根翔(愛工大名電)




■ベスト4
蘇健恒/日置希音(東京学館浦安)


藤木大輔/手塚崚馬(明徳義塾)


■ベスト8
吉田勝紀/大野聖弥(遊学館)


安江光博/新名亮太(明徳義塾)


篠塚大登/谷垣佑真(愛工大名電)


中田裕太/西逸斗(上宮)

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ

Newsletter