令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 女子学校対抗3回戦,準々決勝/ VICTAS journal | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 女子学校対抗3回戦,準々決勝

フォトギャラリーはこちら

令和元年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(通称:インターハイ)が鹿児島アリーナで2019年8月15日(木)〜20日(火)まで開催されている。(開会式:15日/大会:16日~)

 

大会2日目は男女学校対抗3回戦,準々決勝、そして男女ダブルス1~3回戦まで行われた。

 

【女子団体】

女子団体3回戦
3回戦で7連覇を目指す四天王寺が大成女子に追い込まれた。2台進行で行われたこの試合、大成女子は出澤とカットマンの佐藤を1、2番に置くオーダー。両者ともに集中力の高いプレーで会心の勝利を収め2-0とリードする。

追い込まれた四天王寺だが3番のダブルスから逆襲。4番の高橋も勝利を収め、試合の行方は5番の大川(四天王寺)と小林(大成女子)に委ねられる。
サウスポーの大川が手堅くラリーで得点すると小林は思い切りのいいスマッシュで得点する。小林のスマッシュが炸裂し、最終ゲーム9-5と小林がリード。1本大川が返したところで大成女子はタイムアウト。タイムアウト後、大川がサーブの種類を変えて得点を重ね、ついに9-9に追いつく。

そこから小林は二度マッチポイントを握るも大川が粘り、堅実なプレーで勝ち切った。
あと1ポイントの場面まで追い詰められた四天王寺だが、王者の底力を見せ準々決勝に駒を進めた。


女子団体準々決勝
準々決勝で1番の激戦となったのが萩光塩学院と桜丘の一戦。

試合は顧(桜丘)が國弘(萩光塩学院)をストレートで下すも、川本(萩光塩学院)が浅井(桜丘)のカットを打ちぬきフルゲームで勝利。前半は1-1で折り返す。

迎えた3番のダブルスは桜丘ペアの息の合ったプレーでストレートで勝利し、2-1とリードする。

2台進行となった後半、流れは桜丘に行くかと思われたが、4番の徳田(萩光塩学院)が安定した両ハンドで木田(桜丘)を完封する見事な勝利。
他の試合も徐々に終了し、5番の野上(萩光塩学院)と原田(桜丘)の試合に注目が集まる。
試合は取って取られての展開でゲームオールまでもつれるも最後まで粘り強くラリー戦を」制した野上が勝利を収め、萩光塩学院が初のベスト4入りを果たした。


■ベスト4

四天王寺(大阪)






明徳義塾(高知)






萩光塩学院(山口)


 
遊学館(石川)






明日18日の準決勝は、四天王寺(大阪)―明徳義塾(高知)、萩光塩学院(山口)―遊学館(石川)の対戦となる。

■ベスト8

希望が丘(福岡)


済美(愛媛)


桜丘(愛知)


就実(岡山)


ギャラリー






2019-2020 TABLE TENNIS NEW APPAREL COLLECTION 卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter