令和元年度 全国高等学校総合体育大会 卓球競技大会 女子学校対抗1,2回戦 League Report:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

令和元年度 全国高等学校総合体育大会 卓球競技大会 女子学校対抗1,2回戦

大会初日は男女学校対抗1、2回戦が行われ、女子学校対抗ではシード校が危なげなく2回戦を突破した。

女子学校対抗2回戦の注目カードは6連覇中の四天王寺と川北、桑原ら実力者ぞろいの正智深谷の一戦。
試合は接戦になると予想されたが、2番で菅澤(四天王寺)が桑原(正智深谷)とのサウスポー対決でストレート勝ち。3番のダブルスも四天王寺が勝利し、四天王寺がストレート勝ちで3回戦進出を決めた。


また遊学館 ー 進徳女子の一戦では、昨年のダブルス王者の出雲・相馬ペア(遊学館)が3番で敗れるまさかの展開となるも、シングルスできっちり3点奪い、3回戦進出を決めた。


地元、鹿児島勢では鹿児島女子が1回戦で五所川原商業に敗れ、また鹿児島城西は2回戦からの登場で日南学園と対戦。昨日の開会式で選手宣誓を務めた榎谷がトップでゲームオールの激戦を制し幸先よく先制するも、2番以降は惜しくも敗れ、逆転負けで2回戦敗退となった。


【女子学校対抗】明日の対戦カード(ベスト8決定戦)
四天王寺 ― 大成女子
富田 ― 希望が丘
横浜隼人 ― 済美
札幌大谷 ― 明徳義塾
桜丘 ― 滋賀学園
萩光塩学園 ― 武蔵野
就実 ― 日南学園
真岡女子 ― 遊学館

ギャラリー










07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ

Newsletter