LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会 女子結果 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート
  • 税込8,000円以上の注文で「CP40+ 3スターボール」を3個プレゼント 詳細はこちら

VICTAS Journal

LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会 女子結果

3月3日(日)にLIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会が、カメイアリーナ仙台で行われ、

石川佳純(全農)が2年ぶり4度目の優勝を飾った!




今大会は、4月に行われる世界卓球選手権ブダペスト大会のシングルス代表選手のみが出場する大会。

各試合ともレベルの高いプレーが繰り広げられ、会場は大いに盛り上がった。

試合終了後には、各選手へ今大会を終えての振り返りと世界選手権へ向けての意気込みを聞いた。



1位 石川佳純(全農)

「これから本当の勝負が始まるので、Tリーグのファイナルもそうですし、カタールオープン、世界選手権、大事な試合がたくさん待っているのでそれに向けてもっともっと努力をして、もっともっと強くなって今日よりも良いプレーができるように頑張りたいです。」



2位 伊藤美誠(スターツSC)

「世界選手権は自分自身にとって、今年一番大きな大会だと思っているので、そして来年の1月の選考(2020東京五輪)にも入ってくる世界選手権なのでもちろん1番上を目指したいです。シングルスでメダルを獲ったことが無いので、いい色のメダルを獲りたいっていうことなんですけど、目の前の試合を勝つことが私にあっているのかなと思いますので、そこをしっかり実力を出し切って優勝したいなと思います。私の実力なら優勝するチャンスは全然あるので、来年の選考につなげていきたいなと思います。」



3位 平野美宇(日本生命)

「最近は負けているとそのままズルズルといってしまうことがほとんどだったんですけど、今回(伊藤選手との試合)は、負けてしまったんですけど粘り強く取り返したのは良かったところかなと思います。スピードが自分の良さだと思うので、改めてそこをしっかり練習していきたいですし、全体的に一から自分のプレーを見直して練習して世界選手権に向かっていきたいです。」



4位 加藤美優(日本ペイントホールディングス)

「今大会は、4位という結果でしたが、いいプレーができましたし今後の希望になりました。今までやってこなかったリスクのあるプレーにも挑戦して、そういうところで成長できたかなと思います。世界選手権では自分らしくのびのびとプレーすることが勝ちにつながってくると思うので、気負いすぎず楽しみながら試合がしたいです。」



5位 佐藤瞳(ミキハウス)

「今日の試合でも速いテンポでやってくれているときは結構得点できているんですけど、少しゆっくりだったり、深い、高いボールがきた時にしっかり足であわせられていないところがすごくあったので、もっと体をつかって足であわせてっていうのをやらないといけない、という技術的な課題が見つかりました。また、ただ単に攻撃力を身につけてもカットマンの攻撃力では何本かは決まっても、最後はブロックされて自分が不利な展開になってしまうので、いつどの展開で攻めていくかだったり、ここはしのぎきる、という見極めがもっと必要だなと感じました。試合の中で判断を早めることが今後の課題です。」




■試合結果

決勝

石川佳純 4(5,9,-11,-2,9,10)2 伊藤美誠

準決勝

伊藤美誠 4(10,5,4,-6,-9,-7,8)3 平野美宇

石川佳純 4(-4,5,6,-11,8,5)2 加藤美優

3位決定戦

平野美宇 3(14,-4,8,-8,8)2 加藤美優

準々決勝

加藤美優 4(6,-4,3,-9,9,3)2 佐藤瞳

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS TSP2019チームウェアキャンペーン

Newsletter