平成30年度全日本卓球/大会最終日 男子シングルス準決勝 結果 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート
  • 日本代表ユニフォームを着て応援!Instagramへの投稿で限定グッズをプレゼント! 詳細はこちら

VICTAS Journal

平成30年度全日本卓球/大会最終日 男子シングルス準決勝 結果

平成30年度全日本卓球/大会最終日

男子シングルス準決勝 結果




■男子シングルス準決勝

〇張本智和(JOCエリートアカデミー) 3(8-11,4-11,11-1,8-11,11-8,11-4,9-11)4 大島祐哉(木下グループ) 

世界の張本、大島に敗れる!!








張本、サーブ3球目ストレート攻撃で先制。

大島は得意のフォアハンドで積極的に攻めて先手を取っていく。

互いに自分のサーブからの展開で取り合い8-8となるが、張本サーブの展開で大島が積極的に攻め10-8とリードする。最後は大島のサーブがエッジに入って大島が先取。

大島の勢いは止まらず、縦横無尽に動き回るフットワークと強烈なフォアハンドに、張本はなかなか自分の卓球をさせてもらえず攻めることができない。得意のバックハンドでもミスが出てゲームカウント0-2と大島にリードを許す。

3ゲーム目流れを変えたい張本は、それまでバックに打たれたボールに対してブロックで合わせていたが、回転をかけるカウンターで返球し攻めに転じる。だんだんと本来のバックハンドを取り戻し1ゲーム奪取する。

4ゲーム目張本の打点の早いバックハンドに対して、フォアハンドで回り込んで対応するのが難しい大島は、サーブに変化をつけてラリー戦に持っていこうとする。8-4から大島が3連続得点(8-7)したところで張本がタイムアウト。しかし大島はここが勝負と開き直って仕掛け7連続ポイントの逆転で取り勝利へ王手をかける。

あとがない張本と勢いに乗る大島の一進一退の攻防が続く。

厳しい攻めを続ける大島に対し王者の意地を見せ、6-8の劣勢から5連続ポイントで逆転。

ここから張本は王者の意地とプライドで粘りを見せる。ネットインやイレギュラーしたボールに対しても反応し必死に食らいつく。激しいラリー戦をモノにしていよいよ最終ゲームへ突入。

勝負の最終ゲーム、大島の得点でスタート。

序盤のリードを守って大島2点リードが続く。大島の厳しいボールに対して消極的になり要所で得点が取れない張本だったが、なんとか7-7と追いつく。張本が8-9とリードされ、大島が思い切って回り込んできたボールを張本がバックストレートへ決め9-9。

「張本頑張れー」「大島いけー」と会場からの大きな声援のあとに一瞬の静寂。

大島がロングサーブを出し張本が空振りミスかと思われたがレットのコール。

サーブがネットとなりやり直し。

強気の大島はもう一度ロングサーブを出す。チキータにいこうとした張本は返球が甘くなり大島に強打され、10-9と大島が王手。

2本目大島のサーブも再度ロングサーブ。意表を突かれた張本はミスし敗退。

大島が世界の張本を破る金星!






2連覇ならず敗退した張本は、

「1ゲーム目が少し先手を取れなくて1ゲーム目落として、一番惜しかったのは4ゲーム目で8−4から逆転負けして、そこからなんとか挽回したんですけど、7ゲーム目は本当に気持ちと気持ちの戦いなのでここまで勝ってきましたけど、毎回自分が勝つわけではないので、しっかりこれから勝ち続けていくためにそういう4ゲーム目とかでしっかり2−2に追いついてもっと4−2とかできるだけフルゲームにもつれないようにしなきゃいけないなと感じました。

今大会、緒方選手だったり、田添(健太)選手のときでも強気で攻めることができて、昨日吉村(真晴)選手とはすこし自分の卓球に近づいていたんですけど、今日はやっぱりまた(調子が)戻って、あと一つ勝てば決勝っていうところでやっぱりすこし相手より守りに入ってしまって、逆に相手はフォアで動きまわって自分の両ハンドを打ってきたので、(負けたのは)意識の差かなと思います。

2連覇の期待も自分でしていましたし、その分プレッシャーもそれ以上になるかなと苦しい戦いになるかなと思ってたんですけど、自分が想像していた以上に苦しい全日本でしたし、こんなに去年と違う全日本大会になってしまったのかなっていうのが、全日本の怖さっていうか、苦しい戦いでした。

負けてしまったのは悔しいですし、本当に悔しいですし今年の優勝は返ってこないんですけど、ポジティブに考えるとしたら世界ランキングとは関係のない大会なので、3月のカタールオープンからはそれまで死ぬ気で練習して、去年ダントツで優勝しましたけどまたこの1年間で相手も研究してきて差はほとんどないので、もっとここの壁を一気に突っ切ってその先をもっと勝ち抜きたいです。」と語った。

張本も全日本選手権という大きな大会の魔物に襲われてしまったのかもしれない。







〇木造勇人(愛知工業大) 1(11-5,8-11,9-11,6-11,6-11)4 水谷隼(木下グループ)

水谷13年連続の決勝進出!!








木造サーブで先取。

互いに回り込みからの強烈なフォアハンドで会場を沸かすも、要所で決める木造のバックカウンターと回り込みフォアストレートが見事に決まり木造が第1ゲームを取る。

回り込んでからの展開が良くないと感じた水谷は、早い打点でのバックハンドで処理し戦術を変えて2ゲーム目を奪取。

3ゲーム目は1点ずつを取り合うシーソーゲームの展開。9-9まで1点の攻防がつづき、水谷ロングサーブで勝負をしかけこの接戦をモノにする。

フォア前をチキータで攻めたりYGサーブを多用したりと戦術をどんどん変えていく水谷。リスクを冒して積極的に回り込んだり狙いすましたカウンターなどで相手を翻弄し水谷が決勝進出へ王手。

5ゲーム目は木造2-0リードから水谷が怒涛の10連続ポイント。10-2と逆転しそこから木造が粘りを見せ10-5となったところで水谷がタイムアウト。

落ち着いて最後は決め4-1で水谷が勝利。







試合後インタビューで木造は、

「最初はずっとチャレンジャーっていう気持ちで向かっていこうと思ったんですけど、1ゲーム目とったあとに、1ゲーム目良かったのでどんどんもっといけるかなって思ったんですけど、僕がちょっと攻め急いだというかミスが多くなってしまってどんどん凡ミスが増えてきて相手の流れになってしまったという感じでしたね。悔しいですね。

最後出し切るしかないなと思っていたので、悔いの無いように、あとは相手は水谷さんなのでいろいろな経験もしてきたと思いますし、試合前も二人でアップしている時も水谷さんを見ててもなんか緊張してるなとか僕も感じていたので、チャンスだったとは思うんですけど、やっぱそこが掴めなかったっていうのが残念だったなって思います。

最後の方は自分が何もできなくなってしまった状態になったので、試合をしててこんな自分になってしまうのかと思って、ボールも最後さわれていなかったので(水谷選手は)すごい選手かなと思います。

この全日本の負けだったり男子ダブルスの優勝を忘れずに、次の試合だったり練習に自信をもっていきたいですし、負けることもあると思いますけど、その負けを忘れず、本当にこれから2019年スタートしていきたいと思います。」と語った。





卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ アドバイザリースタッフ

07SERIES VJ>07 VJC>07  2019年度卓球男子日本代表ユニフォーム レプリカシャツ TSP2019チームウェアキャンペーン
Newsletter