平成30年度全日本卓球/大会最終日 女子シングルス準決勝 結果 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

平成30年度全日本卓球/大会最終日 女子シングルス準決勝 結果

平成30年度全日本卓球/大会最終日

女子シングルス準決勝 結果



■女子シングルス準決勝

〇伊藤美誠(スターツSC) 4(11-7,11-9,11-7,11-9)0 早田ひな(日本生命)







1ゲーム目早田のサーブでスタート。

フォア前に出したサーブに対して伊藤がバックでフリックし先制。

その後早田は逆チキータのレシーブで攻めるが伊藤がバックストレートに決め4-0と伊藤がリードする。8-6で伊藤がサービスエースを決め9-6とし、早田のフォアミドルに攻めて詰まったボールをすかさず強打するなど攻めた伊藤が先取。

2ゲーム目は序盤早田は、レシーブで伊藤のバック側に攻め伊藤のミスを誘い、サービスエースなどで3-0とリードする。伊藤もサーブで変化をつけサーブで得点するなど3-3と追いつく。そこから一進一退の攻防が続き、9-9で伊藤がレシーブチキータで得点し2ゲーム連取。

3ゲーム目は、互いにサービスエースの取り合いとなる。早田がサーブで得点すれば伊藤も負けじとサーブの種類を変え相手の逆を突いていく。このゲームだけで互いに3回ずつサービスエースで得点した。6-4と伊藤リードで早田がタイムアウトを取るが、最後は早田のサーブを伊藤がレシーブスマッシュして勝利へ王手。

あとがない早田は、リスクを冒してさらに厳しいコースへ攻撃を仕掛ける。伊藤もレシーブで変化をつけてその攻撃を防ごうとする。得点したい気持ちで力が入っている早田に対して伊藤は緩急をつけたボールで連続得点。最後は戦術の引き出し委が多かった伊藤が勝利した。

この試合ではサービスエースを取る場面が多く見られた。それぞれ早田は9回、伊藤は7回サーブで得点した。

 






敗戦後のインタビューで早田は、

「全部台上で回されてしまってあんまりラリーにならなかったです。3、4セット目はロングサーブで短いサーブはあまり出さなくてとりあえず先手を取られないようにっていう戦術にかえていったんですけど、それでちょっと逆に相手がうまくレシーブできなくて浮いてきたボールとかチャンスボールに対しても私が打って狙っていくという試合で、まず相手に、もちろんすごくペースを掴まれてたっていう焦りからミスしてしまったっていう部分もありますし、あんまりうまく試合運びができなかったのが敗因ですね。

試合前までふつうに話していたくらいだったので、そんなに自分の中では緊張とかなくて、多分お互いに試合を楽しむ、全力を出しきるという気持ちで(コートに)入ったと思うんですけど、自分の方がうまく試合の展開を掴めずにいたので、そこで最後にチャンスボールを打ちミスしてしまったりとかコースも単調になってしまいました。

自分の中では全日本ベスト4っていうのは、自身初の一番最高記録なので、嬉しい部分もあります。でも30%嬉しいくらいで70%ぐらいはやっぱ今日の試合が本当に悔しかったので、やっぱり負けたことでたくさん課題も見つかりますし、これを機にまた練習して強くなりたいです。」と語った。






〇木原美悠(JOCエリートアカデミー) 4(6-11,11-4,14-12,11-6,5-11,11-7)2 森さくら(日本生命)

木原の快進撃つづく。史上最年少での優勝となるか!






木原のサービスエースでスタート。

変化のある木原のバック表のボールに対して、つなぐことなく積極的に攻めていく森。木原も得意なサーブから攻撃を仕掛けていくが、森の力強い両ハンドドライブに押されてしまい1ゲーム目を落とす。

2ゲーム目は森が2本のサービスエースで2-0とする。木原はバックサーブを出したりサーブの出す場所を変えたり変化をつけて相手のミスを誘う。森は木原のサーブに対して甘くなってしまいなかなか先手を取らせてもらえずゲームカウント1-1。

3ゲーム目は木原がサービスエースやバックハンド強打などで連続得点。一時8-1とリードするも森も粘りを見せ8-6となったところで木原がタイムアウト。木原がリードし森が追いつくという展開で10-10となる。ここから木原が2回のサービスエースと最後はカウンターが炸裂し木原が接戦をモノにする。

徐々に森の回転の強いボールに対応していく木原。バック対バックで強烈な強打を放つと、コースを散らし、すかさずフォアハンドでカウンター。ラリー戦で常に先手を奪いゲームカウント3-1リードで木原が王手をかける。

5ゲーム目勝ちを意識して打ち急いだのか、木原のミスが多くなっていく。森もあとがない中、底力を見せこのゲームを奪取する。

6ゲーム目序盤3-1と木原にリードされたところで森がタイムアウト。しかし、木原の厳しい左右への揺さぶりに必死に食らいつく森は、バックサーブなど色んな技で対抗するが、木原の勢いは止まらず木原がゲームカウント4-2で勝利。








木原に敗れた森は、

「あまり分がいい相手ではなかったので、作戦を立てていたんですけどあまり作戦がうまくいかなかったっていうのと、相手の読みを先に読めなかったのかなって思います。

最近Tリーグでも戦いましたし、世界選手権の選考会でもやったんですけど、あんまりまだレシーブがうまくいかなかったかなあっていう感じです。

バックが意外に、意外にっていうかすごくミスしないっていうのがすごくやりにくいですね。あまり落ちなくて、すごく裏(ラバー)みたいな感じでパンパン弾いてくるのが木原選手の強みだなと思います。

今日はすごい緊張した場面で戦うということはわかりきっていたことなので落ち着いて冷静に戦ったんですけれど、いつもより緊張感が、緊張したと思います。」と語った。





 スーパーヴェンタス アドバイザリースタッフ
Newsletter