平成30年度全日本卓球/大会4日目総括 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

平成30年度全日本卓球/大会4日目総括

平成30年度全日本卓球/大会4日目総括

大会4日目は以下の種目が行われた。

男子シングルス(4回戦)
女子シングルス(4回戦)
男子ダブルス(4回戦)
女子ダブルス(4回戦)
混合ダブルス(準決勝、決勝)
ジュニア男子(準々決勝、準決勝、決勝)
ジュニア女子(準々決勝、準決勝、決勝)


混合ダブルスでは昨年優勝の森薗/伊藤(岡山リベッツ/スターツSC)と張本/長﨑(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー・大原学園)が決勝で対戦し、3-1で森薗/伊藤が2連覇を達成した。


「全く緊張せずに楽しめた」という伊藤に対して「めっちゃ緊張したので、美誠を見て落ち着けた」と相性の良さを教えてくれた。

≪混合ダブルスの結果はこちら≫




ジュニア男子は、インターハイ王者の戸上(野田学園高)が優勝を飾った。

一時はゲームカウント0-2の0-3と窮地に立たされた戸上であったが、橋津監督のアドバイスで開き直り見事な逆転勝利であった。

≪ジュニア男子の結果はこちら≫




ジュニア女子では、番狂わせが起き、昨年王者の長﨑を倒すなどして出澤(大成女子高)が優勝。

自身でも「まさか優勝できるとは思っていなかった」という通り、対戦相手のほとんどが対策をしておらず出澤の多彩なバックの変化とフォアスマッシュに対応できなかった。

≪ジュニア女子の結果はこちら≫




スーパーシードが登場した男女ダブルス、男女シングルスでは、水谷(木下グループ)や丹羽(スヴェンソン)、石川(全農)などが登場し順当に勝ち上がる中、男子ダブルス第2シードの上田/吉田(岡山リベッツ)や女子シングルス第3シードの永尾(デンソー)など初戦で姿を消してしまう対戦もあった。


































明日はいよいよシングルス・ダブルスそれぞれのランク決定戦が行われる。

毎年様々なドラマが生まれるこのラン決に注目だ。



明日のスケジュールと種目は以下の通り。

試合開始は10時からとなる。

男子シングルス(5〜6回戦)

女子シングルス(5〜6回戦)

男子ダブルス(5回戦〜準々決勝)

女子ダブルス(5回戦〜準々決勝)

 スーパーヴェンタス アドバイザリースタッフ
Newsletter