平成30年度 全国中学校卓球大会 大会最終日 女子シングルス 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

平成30年度 全国中学校卓球大会 大会最終日 女子シングルス

平成30年度 全国中学校卓球大会(通称:全中)が、広島県広島市:広島県立体育館で開催され、大会最終日の今日は、男女シングルス決勝までが行われた。

【女子シングルス】

■決勝

大藤(四天王寺)3(3,6,7)0小塩(稲付)

決勝で小塩(稲付)の変化のあるツッツキに対し、回転を見極めて厳しいコースへ緩急のあるドライブを打ちこみ、3-0のストレートで完勝した。

今大会で一番苦戦を強いられたのは、3回戦の白山(明徳義塾)だった。白山は序盤から打ち合いの真っ向勝負を仕掛け、大藤が押される展開に。1-2の4ゲーム目で1度(9-10)、5ゲーム目で3度(8-10,9-10,11-12)のマッチポイントを握られるも勝利した。それから勢いをつけて嬉しいタイトルを手にした。

今大会優勝候補の1人であったが、決勝までの試合ではバックのツッツキで変化をつけてしっかり決勝まで勝ち上がった小塩(稲付)



■準決勝

大藤(四天王寺)3(3,7,4)0菅澤(四天王寺)

小塩(稲付)3(8,4,10)0中森(四天王寺)


大藤にスタートから一方的な展開で敗れた菅澤(四天王寺)


中学の最後の夏を3位入賞で終えた中森(四天王寺)


Newsletter