平成30年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 大会最終日女子シングルス 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

平成30年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 大会最終日女子シングルス

平成30年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(通称:インターハイ)が、愛知県豊田市:スカイホール豊田で行われ、大会最終日は、男女シングルス準々決勝から決勝まで行った。

【女子シングルス】

■決勝

野村萌(愛み大瑞穂)3(12-10,11-4,11-6)0塩見真希(四天王寺)

1ゲーム目前半は塩見が4-0とリードする展開。しかしそこから逆転で野村が先取すると、終始一方的な展開で試合を進める。塩見は、野村のバックの変化に対応できずなかなか得点の糸口が見いだせない。野村のフォアに攻めても強烈なミートが返ってきて最後まで自分のプレーをさせてもらえず、野村が地元で初優勝した。

試合後、野村選手は「初めての全国大会決勝の舞台で緊張しましたが、地元のたくさんの応援が支えとなって優勝することができました。団体戦で四天王寺に負けていたので、チームメイトともシングルスで絶対に日本一になろうって話していました。どんな場面でも諦めない気持ちと絶対に勝つんだという気持ちで戦い抜いた結果が優勝だったのでとても嬉しいです。」と笑顔で語った。

■準決勝

野村萌(愛み大瑞穂)3(11-8,12-10,16-14)0相馬夢乃(遊学館)

塩見真希(四天王寺)3(11-8,15-13,11-9)0高山結女子(札幌大谷)

準決勝で敗退した相馬選手と高山選手

■ベスト8入賞選手

青木優佳(横浜隼人)

出雲美空(遊学館)

中田玲奈(愛み大瑞穂)

黒野葵衣(武蔵野)

Newsletter