平成30年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 大会3日目ダブルス 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

平成30年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 大会3日目ダブルス

平成30年度 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会(通称:インターハイ)が、愛知県豊田市:スカイホール豊田で行われ、大会3日目は、男女シングルス1回戦と男女ダブルス決勝まで、男女団体準決勝を行った。

【男子ダブルス】

決勝戦は愛工大名電の同士討ちとなり、田中・加山ペアが田原・曽根ペアに3-0のストレートで勝利し優勝した。同ペアは昨年決勝で負けた悔しいおもいを晴らし、田中は1年の時に髙見と優勝しており、今回で2度目のダブルスタイトルを獲得した。

「昨年、決勝で負けたことに対するリベンジができて嬉しいです。相手に向かっていく気持ちを前面に出した時に、その気持ちがプレーに出ることが自分たちの持ち味になっていたと思います。」とコメント。

■決勝

田中/加山(愛工大名電)3-0田原/曽根(愛工大名電)

■準決勝

田中/加山(愛工大名電)3-1橋本/横谷(愛工大名電)

田原/曽根(愛工大名電)3-1中橋/星(鶴岡東)

■ベスト8ペア

浅利/重村(遊学館)

月舘/加藤(日大豊山)

加賀美/高須(愛工大名電)

西/岸田(上宮)

【女子ダブルス】

笑顔の初優勝!

相馬の変化カットと出雲のカウンターが冴えわたり、息の合ったプレーで優勝を勝ち取った。

横浜隼人のダブルスに対して遊学館は、団体のダブルスと女子ダブルスの平川/千葉が敗戦していて、この決勝戦では遊学館として3度目の正直だった。

試合後「初優勝できて嬉しいです。横浜隼人に対して3度目の正直で勝てたので良かったです。」とコメント。

相馬は自分たちの特徴を「自分がカットでコースを散らばしてあとは出雲さんが決めてくれる」と語った。

■決勝

出雲/相馬(遊学館)3-1青木/小畑(横浜隼人)

■準決勝

出雲/相馬(遊学館)3-0永道/稲吉(希望が丘)

青木/小畑(横浜隼人)3-1大島/野村(愛み大瑞穂)

■ベスト8ペア

白神/日口(白子)

里川/船場(明徳義塾)

後木/杉渕(駒大苫小牧)

浅井/原田(桜丘)

Newsletter