全農杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)大会初日 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

全農杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)大会初日

 本日より全農杯全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)が、兵庫県神戸市グリーンアリーナ神戸で開催された。

小学生たちの涙と感動の熱い夏が3日間繰り広げられる。

大会初日は、予選リーグの各リーグ2試合ずつが行われた。

男女各種目ともシード選手が堂々たるプレーで圧倒した。

今大会の注目選手

ホープス男子には、松島輝空(木下クループ:京都)が登場した。現在バンビ2連覇とカブ2連覇をして今大会では5連覇を狙う。張本智和以来の6連覇へ向けて大手なるか。

カブ男子には、岩井田駿斗(誠卓球CL.:鹿児島)が出場した。現在バンビ2連覇をして今大会では3連覇を狙う。2年前のバンビ決勝で対戦した渡部民人(偉関TTL)との再戦となれば注目の一戦となる。

バンビ男子は、小学1年生ながら男子ホープスナショナルチームに選出された小林右京(ピンテック:愛知)が出場。

ホープス女子は、 東アジアホープス優勝メンバー5人がひしめく激戦区。

青木咲智(石田卓球クラブ:福岡)、伊藤ゆづき(円山クラブ:北海道)、上澤杏音(卓桜会栃木卓球センター:栃木)、篠原夢空(松山卓球教室:愛媛)、堀江うた(しらさぎジュニア:兵庫)が出場する。

カブ女子には、張本智和の妹である張本美和(木下グループ:宮城)が出場。

バンビ女子は、誰が勝ちあがるのか予測できない混戦模様。

明日の大会2日目は、予選リーグの残りの試合と決勝トーナメント4回戦まで行われる。

ギャラリー

Newsletter