【インカレ男子結果】専修大が28年ぶりV、MVPは田添に 国内大会:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

【インカレ男子結果】専修大が28年ぶりV、MVPは田添に

7月12日~15日、全日本大学総合卓球選手権大会・団体の部(通称「インカレ」)が墨田区総合体育館(東京)で開催され、男子は専修大学が28年ぶり18回目の優勝(歴代最多)を果たした。

専修大は三連覇を狙う明治大を決勝で30のストレートで下す圧倒的な強さを見せた。

MVP(殊勲賞)には単複6戦全勝で優勝に大きく貢献した田添響(4年)が選ばれた。

【インカレ男子最終日結果】

<決勝>

明治大学03専修大学

1龍崎 2-3 田添◯

2出雲 1-3 三部◯

3渡辺・龍崎 1-3 郡山・及川◯

4渡辺ー及川

5酒井ー郡山

<準決勝>

明治大学31愛知工業大学

1酒井13吉村◯

2◯龍崎30松山

3◯渡辺・龍崎31吉村・木造

4◯渡辺32高見

5出雲ー木造

筑波大学13専修大学

1原田03及川◯

2◯坪井31三部

3坪井・三浦13郡山・及川◯ 

4梅崎13田添◯

5三浦ー郡山

【インカレ男子最終結果】

優勝:専修大学(28年ぶり18回目)

準優勝:明治大学

ベスト4:愛知工業大学、筑波大学

ベスト8:中央大学、早稲田大学

     法政大学、埼玉工業大学

専大は穴の無い布陣で28年ぶりの優勝を決めた(写真左から郡山、及川、三部、田添)

明治は龍崎(左)、渡辺が単複でポイントを挙げ、準決勝で愛工大を下した

筑波大エースの坪井は準決勝で三部(専修大)を破る活躍を見せた

優勝候補と目された愛工大は3位。写真は吉村(左)・木造組

写真提供:ラリーズ

Newsletter