【インタビュー】吉村和弘~全日学を終えて~ 契約選手インタビュー:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

【インタビュー】吉村和弘~全日学を終えて~

個人戦績:男子シングルス(準優勝)

2回戦:3-0松澤宏樹(明治大学)

3回戦:3-0岡本光市(高知工科大学)

4回戦:4-2内村英司(日本体育大学)

5回戦:4-0渡辺裕介(明治大学)

準々決勝:4-0及川瑞基(専修大学)

準決勝:4-2三部航平(専修大学)

決勝:3-4森薗政崇(明治大学)

■今大会を振り返ってみて

決勝まで勝ち上がることができたので最低限の目標はクリアできたと思います。組み合わせが決まった段階で勝ち上がれば、準々決勝で及川選手(専修大学)と、準決勝で三部選手(専修大学)と、決勝で森薗選手(明治大学)とあたる組み合わせでしたので、プロツアーなどで対戦して負けていましたので、その中で決勝までいくことができたことは、自分にとっても大きな収穫だったと思います。でも決勝であの試合展開で負けたことはとても悔しいです。

■印象に残った試合は?

1つは、三部選手戦です。自分のサーブに対してずっとチキータでレシーブされていて、展開的にあまり良くなったので、3ゲーム目からバックサーブに変えてみました。バックサーブは試合で今までにあまり使ったことはなかったのですが、今回チャレンジしてみてうまくいきました。バックサーブに変えてから相手がやりにくそうでしたので最後までバックサーブを中心に試合を進め、結果勝つことができました。自分の得意な戦術で試合を進められれば一番いいんですが、今回のように相手の得意でない部分で戦うというのも一つの戦術だと感じました。

もう1つは、決勝での森薗選手戦です。序盤からチキータをさせず2-0とリードでき完璧なスタートでした。3ゲーム目も7-4とリードしていたんですがそこから逆転され、3-3の7ゲーム目も7-3リードから逆転されました。7ゲーム目の7-3まで自分のほうに流れがあったのですが、最後12-14で負けてしまいました。本当にこの1試合は、1本の重みを痛感しました。最後の1本まで取って勝たないといけないですもんね。

■大会前、大会期間を通して成長を感じられた部分は?

今大会前は、正直体調があまり良くなかったのと、少し腰が痛かったのですが、今年になってから精神面の大切さを意識していましたので、その部分を良い状態で大会に入れたのは良かったです。他の選手に比べて特にメンタルが弱いと前々から感じていました。ここ最近は自分の戦い方は、何ができるか、「自分を知ってから、相手を知る」ことを一番に考えられるようになり、メンタルの強化(コントロール)ができてきたと思います。

■今後の目標について

大きな目標としては世界で勝つことです。そのためにも自力で世界選手権の代表権利を獲得することです。現時点では、12月の国内最終選考会に出れるかはわかりませんが出ることができれば優勝を狙っていますし、1月の全日本選手権も前回は準優勝でしたので次の全日本では優勝して世界選手権の代表メンバーになることが目標です。また、2020年の東京オリンピックに向けて、これからの1大会、1試合ずつをしっかり挑んでいきたいと思います。

■使用用具について

ラケット:カルテットAFC

ラバー(フォア):V>15Extra

ラバー(バック):V>15Extra

4月の契約時にVICTASの用具に変えましたが、使用感として不安要素は全くなく、すぐに慣れることができたので、変えてよかったとすごく実感しています。台上やカウンタードライブの技術がかなり良くなりました。V>15Extraは少し硬いですが、自分でしっかり打った時のボールはすごい良いです。また、今使用しているラケットとラバーはかなりマッチしていて、しっかりボールを掴んでいるような感覚がいいです。

 

 

4月の契約後、ビッグトーナメント優勝、全日学準優勝、確実に実績を残している。そしてここ最近はよく「世界で活躍したい、世界で勝ちたい」と話している。前回の全日本では準優勝していることからこそ、次に目指すべき場所(大会)は“世界”と、明確に見据えている。明確な目標を持ち挑む姿勢こそが新生VICTASが掲げる「I AM NEXT.」とマッチしている。それこそが弊社と契約した一番の理由かもしれない。

 

今後、VICTASは「I AM NEXT.」の契約選手の支援、新たな才能の発掘といった活動を通じて、明日の勝者達の動向を発信していく。

Newsletter