INTRODUCTION―KOKI NIWA ―【選手紹介・丹羽孝希編】 Team VICTAS:Journal/ インフォメーション | VICTAS卓球用品

カート

VICTAS Journal

INTRODUCTION―KOKI NIWA ―【選手紹介・丹羽孝希編】

【プロフィール】
丹羽孝希 NIWA KOKI  契約選手 卓球 VICTAS VICTAS JOURNAL 選手紹介 アドバイザリースタッフ

丹羽孝希(にわこうき)。1994年10月10日生まれ。

北海道苫小牧市出身で、卓球選手であった父の影響から7歳でラケットを握る。全日本卓球選手権大会ホープスの部を制し、青森山田学園青森山田中学に入学。2009年、中学2年生の時に横浜市で行われた世界選手権(個人)に、当時日本男子史上最年少で出場した。

2011年には世界ジュニア選手権で日本選手として2人目の優勝を果たし、2012年の世界選手権(団体)でもチームに貢献し、日本に銅メダルをもたらした。
その後、2013年1月の全日本選手権では男子シングルスで自身初優勝を飾り、国内トップの座も手にしている。

2016年のリオ五輪では、日本の団体銀メダル獲得に大きく貢献。また、シングルスではベスト8と活躍。
2020に向けても期待が高まる。その第一歩として、2019年アジアカップでは張本智和に勝利し、3位入賞。
さらなる活躍の道を歩んでいる。

丹羽孝希 卓球 VICTAS VICTAS JOURNAL 契約選手 アドバイザリースタッフ

これまでの人生において、国内大会では全10カテゴリー(①ホカバ ②カデット ③全中 ④インターハイ ⑤全日学 ⑥全日学選抜 ⑦全日本社会人選手権 ⑧ジャパントップ12 ⑨全日本選手権ジュニア ⑩全日本選手権)で優勝を飾った実績を有す。(国内の全国大会のシングルス優勝記録詳細記事はこちら

これからは、国際大会での優勝を狙う。


丹羽孝希のプレースタイル】丹羽孝希 NIWA KOKI 卓球 契約選手 VICTAS VICTAS JOURNAL アドバイザリースタッフ 

左シェーク攻撃型で、卓球台に近い位置(前陣)での速攻プレーが持ち味。

体の大きな中国選手に対抗すべく、前陣での一歩も引かない“超攻撃的”な打ち合いを選んでいる。天性のボールタッチの良さの他に意表をつくタイミングでの鋭いチキータなどサーブレシーブでも数々の得意技をもち、威力重視のV>15 Extra(エキストラ)から放たれる、攻撃的なカウンタープレーが数多の選手を苦しめる。

相手のドライブに対して、ボールの斜め後ろを捉えながらバックスピンをかけて返球する“カットブロック”も丹羽の代名詞のひとつ。カウンターを警戒する相手に有効な技術となっている。

冷静沈着にプレーし、大きな大会であっても緊張感を見せることなくクールな姿でファンを魅了するのも丹羽の特徴だ。



【動画でプレースタイルを確認】
2019年の全日本選手権でも、その持ち味は光った。5回戦の岸川聖也、6回戦の濱川明史という実力者を寄せ付けない速攻プレーを披露。準々決勝でも、敗れはしたがV10を果たした水谷隼を相手に、得意のカウンタープレーを連発し、世界トップレベルの速攻プレーで王者を苦しめた。

2019年の全日本選手権の試合から、丹羽のファインプレーを3つ厳選して紹介する。

1つ目は華麗なバックハンド

岸川戦第4ゲーム3-0リードの場面、サーブ権をもった丹羽は、岸川のバックサイドにロングサーブを選択。バックハンドであわせてきた相手に対して、丹羽は高速バックハンドでもう一本厳しいコースにボールを送る。バックサイドに動きながらあわせてきたボールを、サイドスピンをかけながら返球し、華麗にフォアサイドを抜いてみせた。


2つ目は得意のカウンター。

過去には水谷隼を破ったこともある実力派左腕の濱川戦でも魅せた。濱川のストップに対して、厳しいコースにツッツキを送ると、ループドライブを読んだ丹羽は瞬時に回り込む。予想通りバックにループドライブが来たため、早い打点で小さくスイングし、空いたストレートをカウンターで抜き去った。


最後はやはり水谷隼との試合から。

丹羽のサーブに対して水谷が流しレシーブをし、バックハンド対バックハンドの展開に。先に回り込んだ水谷の動きをよく見ながら、空いたフォア側に高速カウンターを放った。王者水谷も諦めるほどのプレーに、会場からは大きな歓声があがった。


丹羽孝希の使用用具】
ラケットにはKoki Niwa Wood(丹羽孝希ウッド)を、ラバーは両面V>15 Extra(エキストラ)を使用している。

丹羽孝希 NIWA KOKI 契約選手 VICTAS VICTAS JOURNAL 選手紹介 卓球

使用ラケットのKoki Niwa Woodについては、「前陣プレーや速さのあるプレーが多い自分のスタイルに最適なラケット」と太鼓判。「木材7枚合板の独特の打球感がとても気に入っています。特に前陣でのプレーや速さのあるカウンタープレーが多い自分のスタイルには、木材で特殊素材ほど弾まず自分の力でボールをコントロールし威力のあるカウンターやドライブができるこのラケットが最適だと感じています」と自身のプレーと相性の良い木材ラケットを用いている。

使用ラバーのV>15 Extraについて、「ぼくは前陣でのプレーを大事にしています。その中でもカウンターが武器です。相手の威力に負けないためにもラバーには硬さが必要です。『V>15』は硬くて回転がかかります。フルスイングで打つことができれば、驚くような威力のボールを打つことができます」と語り、丹羽は威力重視のV>15Extraという強力な武器とともに世界のトップを走り続けている。

丹羽孝希選手プロフィールはこちら



<関連ページ>
【VICTASJOURNAL:契約選手情報】
INTRODUCTIONーKAZUHIRO YOSHIMURA-
INTRODUCTION-KIHARA,Miyuu-
INTRODUCTIONーLiam Pitchfordー
INTRODUCTION-MATSUDAIRA,Kenji-
INTRODUCTIONーTAZOE ,Hibikiー

07SERIES VJ>07 VJC>07  卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE公式アカウント VICTAS お知らせ

Newsletter