フリック|基本テクニック サーブ&レシーブ編|卓球初心者ガイド 上達のコツ | VICTAS卓球用品メーカー

カート

  卓球総合メーカー「 VICTAS (ヴィクタス)」は創業90周年を迎えました 
詳細はこちら

卓球初心者 上達のコツ 初心者 卓球 VICTAS 水野裕哉 村松雄斗

基本テクニックサーブ&レシーブ編

レシーブ

フリック

台上攻撃の要

サーブ、ツッツキ、ストップなど相手の短いボールに対して、台上で弾くような打球方法が「フリック」。

弱い下回転や上回転系のボールに対して有効的な技術だ。
打ち方はフォアハンドとバックハンドをコンパクトなスイングにして、台上で行うイメージを持つと感覚が掴みやすいだろう。

フォアフリック


バックフリック

ポイント

『ストップ』と同様に体をボールに近づけて、斜め上方向へコンパクトに打球する。
この時前腕が伸び切った状態にならないように注意しよう。

90周年特設ページ
 カラーラバー EZCUSTOM
Newsletter