チキータ|基本テクニック サーブ&レシーブ編|卓球初心者ガイド 上達のコツ | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • 株式会社VICTAS 代表取締役社長 交代に関するお知らせ 詳細はこちら
卓球初心者 上達のコツ 初心者 卓球 VICTAS 水野裕哉 村松雄斗

基本テクニックサーブ&レシーブ編

台上技術

チキータ

台上攻撃の最新技術チキータ!

相手の短いサーブやストップレシーブに対して、台上で横回転や上回転をかけて攻撃を仕掛けるバックハンド打法の一つが「チキータ」だ。
チキータはトップ選手の中でも男女問わず主流になっている台上技術の一つ。
上回転をかけて威力を重視させる打ち方、横回転をかけて変化を重視させる打ち方、左横回転をかけて相手の意表を突く打ち方(逆チキータ)などの打ち方がある。
おおよそのイメージとしては台上でバックハンドドライブをおするイメージでOK。台上での回転のかけ方やフリックなど一通りマスターしたらチキータにチャレンジしてみよう。
ポイントは早めにボール方向に足を踏み出し、体をボールに近づけて、その上で、体の前にしっかりタメの空間を作り、回転をかけることだ。
相手の回転に合わせて、ボールのどこをとらえればよいかを見極めることが重要。下回転であればボールの下側を、上回転であれば上側を捉えると安定する。

ポイント

ツッツキやストップと同様に、ボール方向に足を踏み出し、ボールを十分に引き付けてからスイングする。
相手の回転を見極めて、ボールのどこを捉えるか瞬時に判断する。

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter