基本テクニック サーブ&レシーブ編 トップ | VICTAS卓球用品

カート
  • 日本代表ユニフォームを着て応援!Instagramへの投稿で限定グッズをプレゼント! 詳細はこちら
卓球初心者養成 上達のコツ

卓球初心者養成上達のコツ

基本テクニックサーブ&レシーブ編

卓球のサービス

ロングサーブ

卓球の要

卓球のラリーはサービスから始まる。サービスができないと試合は始まらないし、サービスがうまければ勝ちやすい、超重要技術だ。まずボールを真上にトスして落下中に打球する。自分のコートにワンバウンド、続いて相手コートにバウンドさせるように打ってみよう。

ポイント

ワンバウンド目の位置を自分のコートの手前にする。まずは速さや回転よりも相手コートに入れることに重点を置こう。

下回転サーブ

なるべく体の近くでボールを捉えるように打球するとより回転量の多いサーブを出すことが出来る。

サービスは“自由な”技術

サービスは、相手に影響されずに打てる唯一の技術。サービスのルールを守りさえすれば、自由にさまざまな打ち方をすることができる。フォアでもバックでも、いろんな打ち方を試して、様々な回転に挑戦してみよう。

  • バック

  • フォア

ポイント

手だけではなく、足も使って体重を乗せると回転がかかりやすい。また打球時はボールの下側をこするイメージ。このイメージがつきにくい人は『ウォーミングアップ編 卓球リフティング』のLEVEL5で紹介した練習を行って、回転をかけるイメージを掴もう。

卓球をもっと面白く WEB会員サービスMY VICTAS LINE@ LINE始めました VICTAS お知らせ アドバイザリースタッフ

07SERIES VJ>07 VJC>07  2019年度卓球男子日本代表ユニフォーム レプリカシャツ TSP2019チームウェアキャンペーン
Newsletter