基本テクニック サーブ&レシーブ編 トップ|卓球初心者ガイド 上達のコツ | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • オリジナルウェア制作サービス「VICTAS EZCUSTOM」を開始 詳細はこちら
卓球初心者 上達のコツ 初心者 卓球 VICTAS 水野裕哉 村松雄斗

基本テクニックサーブ&レシーブ編

卓球のサーブ

卓球の要

卓球のラリーはサーブから始まる。サーブができないと試合は始まらないし、サーブがうまければ勝ちやすい、超重要技術だ。サーブは相手に影響されずに打てる唯一の技術。サービスのルールを守りさえすれば、自由にさまざまな打ち方をすることができる。フォアでもバックでもいろんな打ち方を試して、様々な回転に挑戦してみよう。



ロングサーブ

初めに覚えたいサーブが『ロングサーブ』。文字通り、相手のコートに長く出すサービスだ。まずボールを真上にトスして落下中に打球する。自分のコートにワンバウンド、続いて相手コートにバウンドさせるように打ってみよう。基本のスイングはフォアハンドと同様。後ろから前に打球することを心がけよう。初めは速さや回転を意識せず、相手コートに入れることを重点に置こう。慣れてきたらネットすれすれを通るような低く速いサーブを意識して練習してみよう。

ポイント

ワンバウンド目の位置を自分のコートの手前にする。
上から叩きつけるような打ち方ではなく、後ろから前にスイングする。
まずは速さや回転よりも相手コートに入れることに重点を置こう。

下回転サーブ

ロングサーブに慣れてきたら、次は回転をかけることにチャレンジしよう。
まずはボールの下側をこする、下回転サービスに挑戦してみよう。
出し方はラケットの面を斜め上方向に向け、前下方向にスイングしながら、ボールの下側を捉えてこする。ロングサーブと違い、スピードよりも『回転をかける』、『ボールをこする』ことを意識することが重要だ。
この時、なるべく体の近くでボールを捉えて、インパクト(当たる瞬間)に力を入れて打球するとより回転量の多いサーブを出すことが出来る。

  • バック

  • フォア

ポイント

手だけではなく、足も使って体重を乗せると回転がかかりやすい。また打球時はボールの下側をこするイメージ。このイメージがつきにくい人は『ウォーミングアップ編 卓球リフティング』のLEVEL5で紹介した練習を行って、回転をかけるイメージを掴もう。

横回転サーブ

横回転はボールの左横あるいは右横をこするサーブのこと。
時計回りに回転する横回転サーブが右横回転で、反時計回りに回転する横回転サーブが左横回転だ。
横回転サーブは曲がりながら飛んでいくため、レシーブが横に跳ね返って飛んでいくという特徴がある。これまでに覚えた上回転や下回転と組み合わせて出すと、相手のミスを誘うことができるのでマスターしよう。
出し方の流れは下回転と同様で、インパクトの瞬間にボールの横を捉えてこする。
横回転サーブ 卓球 練習 試合 コツ

ポイント

インパクトの瞬間にボールの横をこする。
また下回転サーブと同様、手だけではなく、足も使って体重を乗せるながら打球するとより回転量の多いサーブを出すことが出来る。

NIWA KOKI マフラータオル VICTAS 丹羽孝希 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter