フォアハンドの打ち方|基本テクニック|卓球初心者ガイド 上達のコツ | VICTAS卓球用品メーカー

カート
  • TSP製品(ラバー・ラケット)生産完了とVICTAS製品への移行のお知らせ 詳細はこちら
卓球初心者 上達のコツ 初心者 卓球 VICTAS 水野裕哉 村松雄斗

基本テクニックフォアハンド編

卓球ラケットの持ち方

まずは握り方をチェック!

シェークハンドラケットの握り方は、握手するようにグリップを手のひらに乗せ、中指・薬指・小指で握る。力を入れすぎないように。親指と人差し指は、柄ではなくラバーをはさむように握る。

ペンホルダーラケットの握り方は、グリップの出っ張りに人差し指をかけて握る。親指でラケット角度を調整しながら打つ。裏面は、グリップの延長戦の近くに、軽く曲げた状態で中指を置くと良い。

  • シェーク

  • ペン

フォアハンドの打ち方

最初にマスターしたい!

ラケットハンド側(右利きなら右側)のボールを打つ技術をフォアハンドと言う。フォアハンドとはラケットハンド側(右利きななら右側)のボールを打つ技術のことを指す。まずは基本のフォアハンドを身につけよう。やや右肩を引きながら腰をひねってバックスイングし、ラケットを少し下に向け、体の脇から顔の前へスイングする間に打球しよう。

打球後は、力を抜きながら基本姿勢に戻ろう。
ピッチの速い現代卓球ではいかに早く、次のプレーに対応できるかが重要になるので、打球後は基本姿勢に戻ることをくせづけよう。
フォアハンドの技術はペンホルダーもシェークハンドと同様だ。

    • シェーク

    • ペン

VICTAS TSP TSPブランドヒストリー特設サイト 卓球 VICTAS EZ CUSTOM 卓球 イージーカスタム ウェア シャツ パンツ オリジナルウェア もれなくソックスをプレゼント!TSPウェアキャンペーン

Newsletter