最終日:男子シングルス決勝

21/01/2018
  • report

全日本卓球選手権大会最終日:男子シングルス決勝~新王者の誕生

絶対王者が敗れ、新王者が生まれる瞬間、その場に居合わせた人々には様々な感情が去来する。 今年の全日本卓球選手権大会男子シングルス決勝でそれは起きた。

張本 4-2 水谷

 

1ゲーム目、張本が3球目攻撃による得点で始まった。張本が前陣で打点の早い攻撃を仕掛け、水谷がしのぐ。張本の高速バッククロスと3球目チキータが水谷に突き刺さる。水谷が粘りを見せるも、張本が11-9でこのゲームを制する。

 

2ゲーム目、ラリーでも打ち勝つ張本。力強さを増したフォアドライブで押し込みバックハンドで畳みかける。水谷も前陣で応戦しようとするが張本がその時間を与えない。11-5で張本が連取。

 

3ゲーム目、序盤に水谷が先制したが、張本が中盤で逆転。6-4と2点差をつけられたところで水谷がタイムアウト。タイムアウト後の1本を張本が取り流れは変わらないかに見えた。しかし、水谷が張本のバッククロスに対してフォアストレートカウンターを決め、技ありのフォアフリックで得点を重ねると張本のミスも誘い逆転。11-8で水谷がこのゲームを取った。

 

4ゲーム目、序盤、水谷のフィッシュを打ち抜きビッグラリーを制した張本。フォアスマッシュの連打、バックハンドプッシュで再び水谷を圧倒するゲーム運び。張本が11-2で取った。

 

5ゲーム目、後の無い水谷が気迫を増したプレイで得点を重ね7-1と先行する。点の取り合いから張本が追い上げを図るも水谷はミラクルプレイでその流れを断ち切った。水谷が11-6で制した。

 

6ゲーム目、動じない張本。ドライブの引き合いで水谷と互角の勝負を展開する。水谷の気迫に飲まれるかに見える瞬間もあったが、水谷の渾身のフォアスレート攻撃をはじき返し一気に流れを引き寄せた。最後まで自分の攻撃スタイルを貫き、11-5でこのゲームも取った。そして、全日本卓球選手権大会男子シングルス最年少優勝を決めた。

(写真:脇屋徳尚)