VICTAS Journal

全日本卓球選手権大会最終日:女子シングルス決勝~みうみま対決

平野ー伊藤

 

1ゲーム目、黄金世代トップの二人による頂上対決は静かに始まった。手の内を知り尽くすお互い。伊藤が11-7で先取。伊藤は準決勝の時以上にキレの良い動きを見せている。

 

2ゲーム目、序盤、伊藤が速攻、カウンターが先行するが平野が追い付き4-4に。鋭いレシーブスマッシュを決める伊藤に対して、平野はまだハリケーンモードのスイッチが入らないように見えた。伊藤が先行する。徐々に攻めの形ができてきた平野。いったん8-8になるが、伊藤の強烈なカウンターがクロスに決まり10-8に。平野がパワーフリックで1点返すも、伊藤が高速ラリーを制して11-9で連取。

 

3ゲーム目、「みまパンチ」で伊藤がまず1点。そこから連続得点で伊藤が3-0でリードとなったところで平野がタイムアウト。流れは変わらず、伊藤のスマッシュ、平野のサービスミスなどで10-0。伊藤のCourtesyポイントとネットインがあったが、11-2で伊藤。

 

4ゲーム目、平野の渾身のフォアドライブを伊藤が飛びつきながらスマッシュカウンター。そこで平野のモードが変わった。より攻撃的な両ハンドドライブが決まりだした。サービスの立ち位置をフォアサイドへ変えて伊藤を突き放しに。平野が11-5で取り返した。

 

5ゲーム目、伊藤の飛びつきフォアを平野がカウンターで打ち返す。接戦になるかと思われたが、伊藤の猛攻が止まらない。平野のサービスに対して伊藤のレシーブが冴え渡る。逆チキータや高速バックハンド、高速ツッツキレシーブで伊藤が得点を重ねる。カウンターをカウンターで返す超高速ラリーも制し、伊藤が11-6で一気に決めて、全日本卓球女子シングルス初優勝を勝ち取り、女子ダブルス、混合ダブルスと合わせて今大会3タイトルを制覇した。

(写真:脇屋徳尚)