VICTAS Journal

全日本卓球選手権大会最終日:男子シングルス準決勝 水谷 対 松平、張本 対 森薗

水谷 4-0 松平

 

1ゲーム目、序盤から最高レベルのテクニックの応酬。水谷の逆クロスフォア強打が決まると場内から感嘆の声が上がる。水谷が11-5で先取。

 

2ゲーム目、ギアが上がってきた両者。松平が前陣で打ち合い、強烈なフォアハンドカウンターをストレートに決める。水谷がフォア連打、バックハンド強打で突き放す。見ごたえのある攻防。松平がパワーフリック、回り込みフォアドライブ強打など技を繰り出し水谷を攻め込むが、水谷の柔軟なブロックプレイと反撃で中盤から水谷リードのままゲームが進む。水谷が11-8で連取。

3ゲーム目、両ハンドドライブ、カウンター、台上プレイが冴え渡り松平が7-3と先行。しかし水谷がサービスで要所の得点を奪い流れを渡さない。水谷が8-7と迫ったところで松平がタイムアウト。タイムアウトあけ、水谷が追い付き8-8。水谷のサービスを松平が台上バックドライブで強打するも水谷はそれを狙いすましてフォア逆クロスドライブで打ち返した。水谷が流れをもぎ取り11-8で奪取。

 

4ゲーム目、攻めに徹する松平。5-5から水谷のフォア前サービスを絶妙のストップレシーブ。続いて水谷の下回転サービスを渾身のバックドライブレシーブで2本連取。しかし水谷は離されない。8-8から渾身のフォアドライブで松平が得点。さらにフォアドライブ連打で連続得点を狙うも水谷がはじき返して9-9。水谷がマッチポイントを握ったが松平が粘りを見せてジュースに。そして再び水谷のマッチポイント。松平は果敢に攻め込んだが、松平のフォアドライブが水谷のナックルブロックをネットにかけたところでゲームオーバー。水谷が決勝へと駒を進めた。

 

 


張本 4-0 森薗

 

1ゲーム目、森薗が張本のチキータレシーブをカウンターでストレートに打ち抜いたところからスタート。

激しい点の取り合いを予感させたが、張本のサービスから3球目が良く決まる。一方、森薗が攻め込んでも張本は簡単に決めさせず反撃や相手のミスを引き出し得点を重ねる。張本が11-7で先制。

 

2ゲーム目、今度は森薗が張本の前陣バックドライブを打ち返す。しかしプレイ領域が広がった張本には隙がない。森薗が決めにいったフォア逆クロスの球もしっかり打ち返す。お互いの決め球を打ち返す展開だが、前陣からの圧力で勝った張本が11-8で連取。前陣で放つバックストレートの威力が際立った。

 

3ゲーム目、張本の速い打点からの両ハンド攻撃に森薗が翻弄される。たまらず森薗が1-4でタイムアウト。しかし差は縮まらず9-5に。森薗は渾身の連続攻撃で追い上げを図ったが、張本が11-8で振り切った。

 

4ゲーム目、序盤から森薗が攻めあぐねて張本に先行される展開。張本の攻撃のテンポが速く、森薗が9-7で張本のサービスミス。立ち位置を変えたサービスから3球目攻撃でマッチポイント。最後も鋭いバックドライブで張本が11-8でゲームを決めた。そして、最年少優勝をかけた決勝の舞台へと突き進んだ。

(写真:脇屋徳尚)