VICTAS Journal

全日本卓球選手権大会最終日:女子シングルス準決勝~伊藤 対 石川

伊藤 4-1 石川

 

最終日第1試合となるこの対戦。独特の緊張感を纏っている。

1ゲーム目、点を取るごとにこぶしを突き上げる石川。点を取っても取られてもいつもより感情を見せない伊藤。石川が伊藤のブロックをフォアドライブで打ち抜き、ロングサービスのエースもきめて11-7で先取。

 

2ゲーム目、伊藤がロングサービスでエースを取ったところからスタート。伊藤が先行、ボディランゲージも活発になってきていつもの伊藤が現れてきた。6-6から伊藤が巻き込みサービスから2本先行、伊藤のフォアドライブが決まりだして11-7でゲームを取り返した。

 

3ゲーム目、伊藤のキレが増してきた。石川のロングサービスを回り込んでのレシーブエース、バックハンド強打、フォアスマッシュ連打で先行。石川が回転量の多いドライブで伊藤のカウンター、ブロックを弾き飛ばそうとするが、伊藤の積極的な攻撃がそれを上回る。伊藤が11-8でゲーム連取。

 

4ゲーム目、落ち着いて逆襲の機会を狙う石川。伊藤のフォアクロススマッシュを完璧にブロック。台上のスモールプレイからの攻撃で石川が決める。しかし伊藤のブロックが石川のドライブに合ってきた。6-6からのビッグラリー、前陣の鋭い連打でこのラリーを制したのは伊藤。伊藤が流れに乗り出し、11-6で連取。

 

5ゲーム目、石川がスタートでサービスミス。緊張感が走るが石川は冷静に。石川が先行するが伊藤がスマッシュ連打で5-5に追いつく。伊藤がスマッシュで得点を重ねる。技ありのフォアストレートドライブで伊藤が8-6とリードを広げたところで石川がタイムアウト。スマッシュを決めて9-6と突き放すが石川も粘り9-8の1点差と迫る。このゲームで決めたい伊藤がタイムアウト。タイムアウト明けの1本は壮絶なビッグラリーに。伊藤がスマッシュ、ドライブと打ち分けラリーを制してマッチポイント。最後は伊藤がフォアスマッシュを決めてこのゲームを11-8で制した。

伊藤のスマッシュが石川のドライブを打ち抜いて決勝へと進んだ。

 

(写真:脇屋徳尚)