【大会6日目総括(1)】男子シングルス ベスト4が決定

20/01/2018
  • report

【大会6日目総括(1)】男子シングルス ベスト4が決定

大会6日目となった20日、男子シングルス準々決勝が行われ、ベスト4の顔ぶれが決まった。

<男子シングルス準々決勝 結果>

水谷隼(木下グループ)40神巧也(シチズン時計)

2015年決勝戦のカードが再び。今回も水谷に軍配。

松平賢二(協和発酵キリン)14松平健太(木下グループ)

兄弟対決は弟・健太が制した。

森薗政崇(明治大)42渡辺裕介(明治大)

明大の新旧主将対決は先輩の森薗が意地の勝利。

大島祐哉(木下グループ)14張本智和(JOCエリートアカデミー)

昨年末の世界卓球代表選考会決勝と同一カードとなり、張本が再び勝利した。

(写真:脇屋徳尚)