VICTAS Journal

全日本卓球選手権大会2日目:ジュニア女子・男子3回戦~スーパーシード登場

ジュニア女子3回戦は、スーパーシードが登場。第1シードの長﨑美袖(JOCエリートアカデミー)は信田ことみ(富田高)に3-0で勝利。全中王者、木原美悠(JOCエリートアカデミー)と坂本詩織(富田高)との対戦は、1ゲーム目、2ゲーム目と続けてジュースにもつれ込む激しい打ち合いを制した木原が3-0で勝利した。

塩見真希(四天王寺高)、千葉葉月(遊学館高)、伊藤佑希子(札幌大谷高)らもシードの強さを見せて勝ち上がった。

ジュニア男子3回戦は引き続き中学生の活躍が目立った。原田春輝(石田卓球クラブ)は岸田竜輝(上宮高)と対戦。カット主戦の原田の3球目攻撃やカウンターが冴え3-1で勝利、篠塚大登(愛工大附属中)は3-2で激戦を制した。

宇田幸矢、張本智和(ともにJOCエリートアカデミー)らシード選手がが登場し実力を示した。スーパーシードの一角、戸上隼輔(野田学園高)は中村光人(愛工大名電高)に2ゲーム先行されてから、3ゲームを取り返し逆転勝利した。

(写真:脇屋徳尚)